オプション取引の基本

株を購入するときに手数料はかかるの

株を購入するときに手数料はかかるの
6

株取引の手数料に消費税はかかるのでしょうか?

「株の手数料に消費税はかかるのでしょうか?」のイメージ画像

様々な手数料の無料化、プライスダウンに力をいれているのがSBI証券。アクティブプラン(1日の約定代金合計で手数料が決定)での 現物取引計100万までが手数料無料 (現物取引・制度信用・一般信用 各100万円まで 合計300万円の無料)、夜間PTSでの取引手数料無料、投信の販売手数料がすべて無料など、手数料の無料化を率先して行っている印象です。手数料の面だけでなく、取扱商品の多さなど総合力の面からみてもおすすめのネット証券です。

ネオモバ(SBIネオモバイル証券)

2019年にスタートした ネオモバ(SBIネオモバイル証券) は, 他のネット証券の手数料体系と一線を画しています。その内容とは, 月額手数料で取引し放題 というものです。ミニ株取引が中心となっている業者ですが, 月額220円(税込)で月間の約定代金合計50万円までが 手数料なしで取引可能です。
さらに毎月ネオモバで使える期間固定Tポイント200Pがもらえるので、実質消費税分だけで運用可能です。

    > >
  • 株取引の手数料に消費税はかかるのでしょうか?

関連サイトのご紹介

外国為替の入門,FX口座比較はこちら

クレジットカード入門,クレカ比較はこちら

【 2021年1月最新版 】
おすすめ口座ランキング
順位 証券会社名
SBI証券
口座数・取引量No1の実力
楽天証券
二大ネット証券の片翼!
auカブコム証券
MUFJ×KDDIの信頼感
松井証券
業界をリードする老舗証券!
マネックス証券
米国取扱数No1の人気業者
  • ネット証券比較&おすすめランキング
  • 手数料が安い業者を探す
  • ニーサ口座のサービス比較
  • つみたてニーサのサービス比較
  • iDeCo(イデコ)のサービス比較
  • 投資信託向きの口座を選ぶ
  • 一般信用取引向きの業者・サービス
  • PCトレーディングツールを比べる
  • スマホアプリの使いやすさ・機能
  • チャート分析ソフトの機能
  • 貸株サービスができる業者一覧
  • 銘柄スクリーニングアプリ比較
  • ニュース・アナリストレポートを探す
  • 米国株・中国株(海外株の取扱)
  • 口座開設数・シェア
  • IPO取扱実績・サービスを比べる
  • ミニ株(単元未満株)サービスを比べる
  • 業者別:口コミ・評判の一覧
  • 投資スタイルで口座比較
  • 少額投資の方法とおすすめ証券
  • ポイント投資サービスを比べる
  • 人気のネット証券

本サイトの比較・ランキングの内容・評価は実際の取引画面などの調査から個人投資家へのアンケートなど多面的な調査・アンケートに基づいておりますが、必ずしもサービスの内容を保証するものではございません。本サイトに掲載されている情報は、情報の真偽、株および個別銘柄などの評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、本サイトに掲載されている情報は、投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、運営者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本サイトにおいて公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

株取引の手数料に消費税はかかるのでしょうか?

「株の手数料に消費税はかかるのでしょうか?」のイメージ画像

様々な手数料の無料化、プライスダウンに力をいれているのがSBI証券。アクティブプラン(1日の約定代金合計で手数料が決定)での 現物取引計100万までが手数料無料 (現物取引・制度信用・一般信用 各100万円まで 合計300万円の無料)、夜間PTSでの取引手数料無料、投信の販売手数料がすべて無料など、手数料の無料化を率先して行っている印象です。手数料の面だけでなく、取扱商品の多さなど総合力の面からみてもおすすめのネット証券です。

ネオモバ(SBIネオモバイル証券)

2019年にスタートした ネオモバ(SBIネオモバイル証券) は, 他のネット証券の手数料体系と一線を画しています。その内容とは, 月額手数料で取引し放題 というものです。ミニ株取引が中心となっている業者ですが, 月額220円(税込)で月間の約定代金合計50万円までが 手数料なしで取引可能です。
さらに毎月ネオモバで使える期間固定Tポイント200Pがもらえるので、実質消費税分だけで運用可能です。

    > >
  • 株取引の手数料に消費税はかかるのでしょうか?

関連サイトのご紹介

外国為替の入門,株を購入するときに手数料はかかるの FX口座比較はこちら

クレジットカード入門,クレカ比較はこちら

【 2021年1月最新版 】
おすすめ口座ランキング
順位 証券会社名
SBI証券
口座数・取引量No1の実力
楽天証券
二大ネット証券の片翼!
auカブコム証券
MUFJ×KDDIの信頼感
松井証券
業界をリードする老舗証券!
マネックス証券
米国取扱数No1の人気業者
  • ネット証券比較&おすすめランキング
  • 手数料が安い業者を探す
  • ニーサ口座のサービス比較
  • つみたてニーサのサービス比較
  • iDeCo(イデコ)のサービス比較
  • 投資信託向きの口座を選ぶ
  • 一般信用取引向きの業者・サービス
  • 株を購入するときに手数料はかかるの
  • PCトレーディングツールを比べる
  • スマホアプリの使いやすさ・機能
  • チャート分析ソフトの機能
  • 貸株サービスができる業者一覧
  • 銘柄スクリーニングアプリ比較
  • ニュース・アナリストレポートを探す
  • 米国株・中国株(海外株の取扱)
  • 口座開設数・シェア
  • IPO取扱実績・サービスを比べる
  • 株を購入するときに手数料はかかるの
  • ミニ株(単元未満株)サービスを比べる
  • 業者別:口コミ・評判の一覧
  • 投資スタイルで口座比較
  • 少額投資の方法とおすすめ証券
  • ポイント投資サービスを比べる
  • 人気のネット証券

本サイトの比較・ランキングの内容・評価は実際の取引画面などの調査から個人投資家へのアンケートなど多面的な調査・アンケートに基づいておりますが、必ずしもサービスの内容を保証するものではございません。本サイトに掲載されている情報は、情報の真偽、株および個別銘柄などの評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、本サイトに掲載されている情報は、投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、運営者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 本サイトにおいて公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

米国株は円貨決済・外貨決済のどちらで購入・売却したほうがいいですか?

管理人ひっきーからの回答

基本的には 外貨決済をおすすめ しています。円貨決済に比べて、外貨決済のほうが 為替手数料 ※1 を安くできる からです。

円貨決済 外貨決済
米ドルの
準備方法
証券会社が代行 自分で購入
為替手数料の
発生タイミング
米国株の購入時・売却時どちらも ・米ドルの購入時
・「米ドル→円」への外貨両替時

円貨決済は、円→米ドルへの外貨両替を証券会社が代行してくれるので、自分で米ドルを購入する手間はなくなりますが、 為替手数料が取引ごとに発生 します。

下記①~⑥の取引をした場合、具体的にどのくらい為替手数料差があるのか比較してみましょう。1ドルあたり25銭 ※2 の為替手数料が発生する場合を想定しています。

株を購入するときに手数料はかかるの
取引内容 為替手数料
円貨決済 外貨決済
①1,000米ドルを購入 - 250円
②銘柄Aを1,000米ドル分購入 250円 -
③銘柄Aの株価が2倍になり、
2,000米ドル分を売却
(利益確定)
500円 -
④銘柄Bを2,000米ドル分購入 500円 -
⑤銘柄Bの株価が1.5倍になり、
3,000米ドル分を売却
(利益確定)
750円 -
⑥3,000米ドルを円に両替 - 750円
合計手数料額 2,000円 1,000円

①~⑥の取引をした場合は、外貨決済の為替手数料が 1,000円 も安くなります。

円貨決済の仕組みとメリット・デメリット

円貨決済とは、海外の株式や債券などの投資に必要な現地通貨への両替を、 証券会社が代行 してくれる決済方法です。米国株に投資する場合、「円」を「ドル」に替える作業を証券会社が代行してくれるので、「円」さえあれば国内株と同じように購入できます。

円貨決済

  • ①外貨両替する手間がなくなる
  • ②手元にドルがなくてもすぐに取引ができる
  • ③外国株専用の証券口座を開設しなくてもいい

円貨決済のデメリットは、為替手数料が 取引ごとに発生する ことです。購入時・売却時どちらの取引であっても、 毎回自動的に外貨両替 されるので、その度に為替手数料が発生してしまいます。

外貨決済の仕組みとメリット・デメリット

外貨決済とは、海外の株式や債券などに投資する際、あらかじめ外貨交換しておいた現地通貨を使って購入することです。つまり、米国株を投資する場合は、 あらかじめ円をドルに外貨交換した資金 を用意しておく必要があります。

外貨決済

外貨決済は、あらかじめ円を米ドルに両替するため、両替時しか為替手数料が発生しません。そのため、取引ごとに為替手数料が発生する円貨決済に比べて、 為替手数料を安く抑えられる のがメリットです。

  • ①外貨両替する手間がかかる
  • ②外国株専用の証券口座が必要
  • ③外貨両替した資金が口座に反映されるまで時間がかかる

マネックス証券の米ドル振替受付時間

外貨決済におすすめの証券会社は「マネックス証券」

米国株投資で外貨決済を利用するなら、マネックス証券がおすすめです。マネックス証券の外貨決済なら、為替手数料が購入時のみ 無料 になります。外貨決済に対応しているSBI証券と楽天証券と比較した表もご覧ください。

株を購入するときに手数料はかかるの 株を購入するときに手数料はかかるの
証券会社 手数料 取扱銘柄数 詳細
売買
手数料
(税込)
為替
手数料
(非課税)
個別株 米国
ETF
マネックス
証券
0.495% 無料 4,603 351
SBI証券 0.495% 25銭 5,604 342
楽天証券 0.495% 25銭 4,645 357

また、米国株をNISA口座で取引するなら、売買手数料も買付時のみ 無料 です。そのほか「銘柄スカウター米国株」というツールで米国株の分析がプロ並みにできたり、定期買付サービスで配当金再投資が自動でできたり、マネックス証券には米国株投資に役立つさまざまな機能やサービスがあります。

当サイトからマネックス証券に口座開設した方限定で、オリジナルレポート「 銘柄スカウター完全攻略マニュアル 」をプレゼントいたします。プレゼントの受け取りは、申し込みフォームでキャンペーンコード「 yasakabu 」の入力が必要なのでご注意ください。

株式・投資信託 2021年9月25日 by 久米 直也 タイ在住中にできる日本株への投資方法を解説!

thumNail

シンガポールフィリップ証券で日本株投資をおすすめする 5 つの理由

①日本の資金を利用して日本株式投資ができます

フィリップ証券は口座への資金の入金方法として Wise の利用が出来ます。

その他、フィリップ証券ではアメリカや中国、イギリスやドイツなど約 20 カ国に投資ができます。

②日本で購入した株式移管、日本帰国後の株式移管ができます

個別株や ETF は日本帰国後に日本の証券会社へ株式移管をする事ができるので本帰国時に売却する必要はありません。
(投資信託の移管はできない場合が多いです。)

③日本人サポートを受ける事ができます

④死亡時に備えて共同名義とする事ができます

国際相続手続きは書類が煩雑となり、公証役場、大使館、現地での裁判等の手続きが必要です。また書類も翻訳する必要があります。

そのような煩雑な手続きを回避する為にフィリップ証券では共同名義とする事ができます。
共同名義とする事で片方の名義人が死亡しても証券口座での取引が継続できます。

⑤日本の銀行口座に資金を送金する事が出来ます

フィリップ証券口座開設について

住所証明書は大使館発行の英文在留届出済証明書もしくは銀行発行の Bank Statement が必要です。

フィリップ証券の手数料について

Cash Plus アカウントでは口座種類によって手数料が変わります。

口座の種類は証券口座内の現金と有価証券の評価額を毎営業日シンガポールドルで計算して Starter 、 Premier 、 Privilege と 3 つのタイプに区分します。

① Starter 株を購入するときに手数料はかかるの 株を購入するときに手数料はかかるの 口座

② Premier 口座

③ 株を購入するときに手数料はかかるの Privilege 口座

まとめ

無料オンラインセミナー・個別相談について

無料オンラインセミナー

海外居住中だからこそできる資産運用を分かりやすく学ぶことができます。
投資の基礎、海外居住中の資産運用の解決策を知ることができる「無料オンラインセミナー」をご活用ください。
下のバナーを押していただくと簡単に予約ができます。

無料個別相談

個別相談の進め方等につきましては、無料個別相談のページをご確認下さい。

※弊社公式LINEは 営業やプッシュ通知などのお知らせはありません。
海外在住中の資産運用や税金などの情報を知りたい方はお気軽に友達追加ください。

米国ETFはいくらから買うのがオススメ?【購入時手数料を安くする方法】

VTIとは?大人気の米国ETFについて紹介【投資初心者向け】

1

迷ったらコレ!モテる腕時計はアップルウォッチ一択【ビジネスマンにオススメ】

2

誰でもできる!NHKの受信料を払わなくて良い方法【解約方法も紹介】

3

sharkのコードレス掃除機がコスパ最強過ぎた!【CS200Jレビュー】

5

つみたてNISAは夫婦でやるのがオススメ!メリット解説【年80万円・老後資金】

6

Googleフォトの代わりになる容量無制限のオンラインストレージ3選【写真保存】

7

オススメの高配当株「SPYD」とは?夢の配当金生活【高配当ETF】

8

つみたてNISAの始め方徹底解説【楽天証券の口座開設方法・投資初心者向け】

9

高配当株投資の始め方【初心者向け・楽天証券の口座開設方法も紹介】

10

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる